かえりみち 漫画無料【上司の娘をレ◯プで中出し】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
かえりみち。―上司の娘と二人きり―

 

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日はかえりみち。―上司の娘と二人きり―という漫画のネタバレと無料情報をお届けします。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
126_5

 

かえりみち ネタバレ

 

突然の夕立。

 

 

近年の異常気象により引き起こされている、ゲリラ豪雨という奴でしょうか。

 

 

 

営業まわりを終えて、直帰中の私は憂鬱な気持ちになっていました。

 

 

 

数時間歩き回った後、報告を済ませ、数十分も歩けば自宅に帰れるところまで来て、信号待ちをしていると、交差点の向こう側に一人ずぶ濡れになって前に立っているのが見えました。

 

 

126_7

 

激しい雨にかなり当たってしまったのでしょう。

 

 

 

愛らしく小さな額や、白く滑らかな首に、長い黒髪がべっとり張り付いてしまっています。

 

 

 

ブラウスもぺったり張り付いていて、遠目から見ても、淡い色のブラが透けているのがわかります。

 

 

 

少女が顔を上げると、ちょうど視線が重なり、彼女が口元に笑みを浮かべたのはあちらも私に気がついたからでしょう。

 

 

 

私の直接の上司の娘さんです。

 

 

 

私は独り身で普段からよく気にかけてもらって、家に招いてもらって夕食をごちそうになっていました。

 

 

 

当時○学生だった彼女の家庭教師もしたことがありました。

 

 

 

悩みましたが、このまま放っておくわけにもいかず、私は彼女に声をかけ、2人で傘に入り、私の家まで歩くことにしました。

 

 

 

近くで見ると、濡れたブラウスから透ける彼女の大きな胸が歩くたびにたゆたゆと揺れていました。

 

 

 

スラックスの中でぺ○スが大きく首をもたげようとしていました。

 

 

 

そして家に着くと、「すみません、雨宿りまでさせていただいてしまって…」私は新品のバスタオルを彼女の頭にかぶせてやります。

 

126_8

 

 

少女の無防備な後ろ姿に、先ほどまで彼女に感じていた劣情が溢れ出し、私は思わず背中から抱きついてしまいました。

 

 

 

戸惑った声を出しましたが、彼女は大きく抵抗することはありませんでした。

 

 

 

 

そしてそのまま、彼女のその大きな胸を揉むと、指が埋もれてしまうほど大きくて、夢中で揉みしだきました。

 

 

 

「きゃあぁっ!や…やめてくださいっ!」

 

 

 

彼女は私の腕を掴み、強い口調で言うので、このままだと逃げられてしまうと思い、私は急いでバスタオルで彼女の腕を縛り、こちらを向かせました。

 

 

 

 

「こんなことをしてお父さんに言いつけますからね」とムッとした顔で言われ、それはまずいと思いましたが、目の前にある柔らかい乳房に我慢できず、彼女の声を無視して乳房に舌を這わせました。

 

 

 

ピンク色の乳首を舐めると、彼女は少し官能的な声を出しました。

 

 

 

 

そして勢いよく乳首を吸い上げ、激しく小刻みに舌を使い、反応を確かめるように彼女の乳首を味わい続けました。

 

 

 

しばらく私に乳首を舐められて、いやらしい表情をする彼女、

 

 

 

○校生になったばかりだというのにすっかりメスの顔していました。

 

 

 

 

それを見てぺ○スが暴発してしまいそうなほど私は興奮していました。

 

 

 

 

 

この続きは本編でお読みください。
無料試し読みできます♪

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
126_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




7 × 七 =