まましょた 漫画 ドロップ【小◯生が人妻に中出しして妊娠させる】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
まましょた!

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

大人気エロ漫画「まましょた」のネタバレと無料情報をお伝えしていきます。

 

 

前回のあらすじはこちら

小◯生の男の子と関係を持つ人妻

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
039_17

 

 

まましょた3話 ネタバレ

 

これ以上、触られたら、どうにかなってしまいそうで…

 

 

 

私は睦実くんに向かって、挿入してとねだるように腰を突き出しました。

 

 

 

「触るより、舐めるより、もっと気持ちいいわよ?さ、私の、えぇと、腰をもって、そう、ゆっくり、入口にお○ん○んの先っぽを…」

 

 

 

私の言うとおりに動く睦実くん。

 

 

腰を掴んでお○ん○んの先を膣口に押し当ててきます。

 

 

 

睦実くんに舐めまわされていたおかげであそこはすっかり潤んでいました。

 

039_5

 

くちゅっん、いやらしい水音を立てて…

 

 

私のアソコと睦実くんのお○ん○んがキスをします。

 

 

 

それだけでピリピリと快感が走りました。

 

 

「頑張って、そ、そのまま、腰を、前に」

 

 

「は、はいっ…あ、あぁっ!!きもち…いい、よぉ…」

 

 

「私も、…んん、ひもち、い、いい…

 

 

ずりゅ、ずりゅと肉を分け入って、少しずつお○ん○んが入りこんできます。

 

 

 

赤ちゃんの道をこじ開けるような感覚にぶるぶるっと体が震えました。

 

 

 

 

硬く熱い肉の塊が、ずぶ、ずぶっと入りこんできます。

 

 

 

 

ずぶっ、ずぶ…ずぶぶ…じゅぶぅぅ!!

 

 

 

 

そのとき、「あぁあ~!!」と睦実くんの悲鳴が聞こえて、びゅくびゅくっと膣内でお○ん○んが弾けました。

 

 
「ぁ、あ、ぼく…」

 

「ふふっ、入れただけで○精しちゃったのね」

 

 

「ご、ごめんなさい、おばさ、」

 

 

「いいのよ、ね。言ったでしょう?気持ちいいって」

 

 

 

「う、うん。ぼ、ぼくもっと気持ちよくなりたい」

 

 

 

「じゃあ、落ち着いたら、お○ん○んを動かしてみましょう?好きなだけ…気持ちよくなっていいのよ?」

 

 

すがるような睦実くんの顔が可愛くて、私は思わずそう言いました。

 

 

039_7

 
すると、睦実くんは嬉しそうに腰を動かしました。

 

 

中に出した精○が潤滑油になったのか、先ほどよりもちょっと滑らかにお○ん○んが動きました。

 

 

 

「そ、そうよ、奥を突いたり、少し、引いたりして…前後、してみて?お○ん○んを私のここで、擦るように」

 

 

 

そう言うと、睦実くんはコツを掴んできたのか、動きが滑らかになっていきます。

 

 

ずぶっ、ずぶっ、じゅぶっ、ずぼ!

 

 

「そ、そうよ、そうやって…あっあぁっ、あっ、あっ!!」

 

 

 

びゅくびゅくびゅくっ!!

 

 

再び中に○精をします。

 

 

 

 

けれど、睦実くんはお構いなしです。

 

 

 

お○ん○んを擦るのが気持ちいいとばかりに腰を激しく動かします。

 

 

 

切なげな声で私を呼びながら、パンパン腰を振りました。

 

039_6

 

「気持ちいい、気持ちいいよぉ、おばさん!腰が止まらないよぉ…あ、あぁっまた出ちゃう、お○ん○ん出ちゃうぅ

 

 

 

女の子のような喘ぎ声をあげながら睦実くんはピストンを続けます。

 

 

「あっ!!あぁぁ~っ!!」

 

 
…それから、どれくらい経ったころでしょうか。

 

 

もう何度目かわからないくらいの○精を終えて、睦実くんは私の体に倒れこんできました。

 

 

精○と汗の匂いがむわっと立ち昇ります。

 

 

「おばさん、おばさん」

 

 

「気持ちよかった?睦実くん」

 

 

「うん、すごく気持ちよかったよ」

 

 

「じゃあ…そろそろお○ん○ん抜こうか」

 

 

頷いてそろそろとお○ん○んを引き抜く睦実くん。

 

 

 

「いっぱい出しちゃったわね」

 

 

 

「ご、ごめんなさい、ぼく」

 

 

「いいのよ。…今日のことは誰にも内緒よ?私が…体操着でいたことも、エッチなことをしたことも、内緒にできる?」

 

 

「うん、できるよ。ぼく、内緒にするね」

 

 

 

「えぇ、約束よ」

 

 

 

そうして2人の秘密が始まりました。

 

 

 

まましょた3話 おわり

続きは本編でどうぞ!

 

 

 

 

【本編はこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
039_8

 

 

 
 

まましょた関連記事

 
 

 

 

コメントを残す




9 × 三 =