まましょた 漫画 無料【小◯生の男の子と関係を持つ人妻】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
まましょた!のネタバレっす!

 

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今回はまましょた!という漫画のネタバレと無料情報をお伝えしていきます。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
039_8

漫画「まましょた」ネタバレ

 

 

「あ、あぁっ!おばさんっ、お、ひぃん」

 

 

先っぽだけでなく、今度は幹の部分もがっぽり咥えこみます。

 

 

 

ぐぽぐぼ、じゅぽじゅぽ。

 

 

 

頭を動かして、ぺ○ス全体を愛撫します。

 

 

「あっあっ、ぼ、ぼく、た、立ってられなくなっちゃう」

 

かくかくと足を震わせながら気持ちよさそうにする睦実くん。

 

 

 

今にも泣きそうな顔に、ゾクゾクとしたものが背筋を走りました。

 

 

 

「じゅぽっ!じゅぶっ、ぢゅぼっ、ちゅぱちゅぱ、ぢゅるるるっ!んぐっ、んんん、ふぅ、ぢゅるっ、ちゅぱっ」

 

 

ダメだよぅ、で、出ちゃうからぁ」

 

 

「んぐっ、ちゅぽっ!いい、のよ、んぐっ、ぺろっ、出しちゃっても。

気持ちよくなって、いっぱいいっぱい、せ○えき、出しちゃいなさい」

 

 

「あっ!あっ!」

039_7

 

 

自分がいやらしいことを言っている自覚はありました。

 

 

でも…

 

 

くらくらした頭では、もう止めることはできません。

 

 

喉の奥いっぱいまでぺ○スを咥えて舐め回します。

 

 

「あっ、ダ、ダメ!出るぅ、出るぅぅ!!」

 

 

睦実くんの絶叫のあと、「んん~!!」

 

 

言葉通り、睦実くんの精○が喉の奥めがけて噴き出しました。

 

 

すごく濃くて粘つく精○をゆっくり、ゆっくり飲み込んでいきます。

 

 

睦実くんは射○の快感にうっとししているようでした。

 

 

 
最後の一滴まで飲み干して、お○ん○んを口から離すと、ねっとりとした白い糸が私の口と睦実くんのお○ん○んを繋いでいました。

 

 

「少し、楽になった?」

 

 

「う、うん。でもまだ、むずむずするよ」

 

 

言葉通り、出したばっかりなのに、睦実くんのお○ん○んは熱を持ち始めていました。

 

 

039_6
そして、「お、おばさん、触ってもいい?」と睦実くんが聞いてくるので、

 

 

「どうぞ」と言うと、おずおずと睦実くんが手を伸ばしてきます。

 

 

睦実くんの手が太ももをするすると撫でました。

 

 

「この格好すごくドキドキする…、これなんていう服?」

 

 

「ブ、ブルマって言うのよ、昔の体操着」

 

 

 

「へぇ、そうなんだ」と話をしながらゆっくりゆっくり私の体をなぞっていきます。

 

 

 

 

「柔らかい、あったかいよ、おばさん、すごく、ドキドキする」

 

 

私の体を嬉しそうにまさぐる睦実くん。

 

 

 

 

その手が脚の間に伸びます。グニュ。

 

 

 

「わぁ、すごく濡れてる!」

 

 

 

「そうよ、睦実くんのお○ん○んを入れるためよ、さぁ脱がせて」

 

 

 

私の言うとおり、スルスルとブルマを脱がせる睦実くん。

 

 

 

「お、おばさん、お漏らししたみたい、こんなにぐちょぐちょ」

 

 

 

睦実くんの指が、ぷにゅぅっと濡れている部分を強く押しました。

 

 

「あんっ!」

 

 

下着越しに割れ目を刺激されて、変な声が出てしまいます。

 

 

「ご、ごめんなさい」

 

 

「い、いいのよ、そこは、その、すごく敏感だから、優しく、ね?睦実くんのお○ん○んと同じように、女の人の大事な場所だから」

 

039_5

 

「う、うん。わかったよ」

 

 

 

「さぁ、下着も脱がせてくれる?」と言うと、睦実くんが私の下着を取り払います。

 

 

 

そして私の股間をまじまじと覗きこみ、軽く吐息が触れるたびに、腰がひくっひくっと震えてしまいます。

 

 

「ここの、その、穴が見える?そこに、睦実くんのお○ん○んを入れるのよ?」

 

 

 

「おばさんのここ、ぷりぷりしててすごく…」そう言うと睦実くんは私のアソコに顔を埋め、ぺろぺろと舐め始めました。

 

 

「こ、こらっ」

 

 

 

「ご、ごめんなさいっ、なんだか美味しそうだなって思って。もっと舐めてもいい?おばさんのここ、舐めてるだけでも気持ちいいんだ」

 

そう言う睦実くんに私は小さく頷きました。

 

 

ぺろぺろ、くちゅくちゅっとアソコを舐め回してきます。

 

 

まるで私の陰唇を味わうように…。

 

 

舌だけじゃなく、時折指で触ったり、なぞったり、つついて。

 

 

睦実くんは好奇心と興奮のままに愛撫してきます。

 

 

たぶん、何も考えていない、でもそれがたまらなく気持ちよかったのです。

 

 
「お○ん○ん…どう?苦しくない?」

 

 

「え、えっと、その」

 

 

 

「我慢はしなくていいのよ?ほら、そろそろお○ん○んラクにしちゃいましょうか」

 

 

 

2話おわり

 

 

この続きは本編でどうぞ!

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
039_8

 

 

 
 

まましょた関連記事

 
 

コメントを残す




8 × = 十六