マジメな家出娘と絶倫男 無料ドロップ【オヤジの精子を飲み干す女子高生】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日はマジメな家出娘と絶倫男3話のネタバレと無料情報をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

翌日の朝、目覚めた愛菜は昨日の夜のことを鮮明に覚えていて、もう酒は飲まないと決めたのですが、

 

その日の夜、愛菜でも飲みやすいようにビールを買っていくと、ゴクゴクと飲み進め、何本も缶を開けていきます。

 

 

 

その様子を見て、急に触りたくなった私は、愛菜の後ろにまわり、昨日のことをわざと話しながら胸を揉み始めました。

 

 

すると思い出した様子で顔を赤くして、いつもより怒った様子の愛菜でしたが、昨日のは酒のせいだと言うので、

 

「中年○態オヤジに触られて感じるわけないよな?じゃあもっと触っても大丈夫だよな」と言って、愛菜のパンツの上から優しく擦り始めました。

 

 

 

初めての感覚に、身体にビリッと電気が走るようでどんどん身体が熱くなってきます。

 

 

 

 

自然と声も出て、愛菜はすぐにイッてしまいました。

 

 

もう触っていないのに、まだ身体を震わせてイッています。

 
ぐったりした様子の彼女に、私はモノを舐めて欲しいと言うと、

最初は嫌がっていた彼女もしぶしぶ承諾し、

ちゅっと先端をゆっくり口の中に入れ、ちゅぱちゅぱと舐め始めました。

 

 

 

私のアドバイスどおりに一生懸命舐めてくれる姿に興奮し、

もう少し吸いながら舐めて欲しいと注文すると、

彼女もコツを掴んだのか、すごく上手で、

私は我慢できずに彼女の口の中に出してしまいました。

 

 

 

驚いた彼女はそのまま精○を飲み込んでいました。

 

 

すごく嫌なはずなのに、愛菜の太ももがビクビクと震えていました。

 

 

マジメな家出娘と絶倫男 まとめ

 

マジメな家出娘と絶倫男は処女の女子高生を犯す漫画です。

 

口内射精して精子を飲ませたり、
処女のきつ〜いマンコにおちんちんを挿入して中出ししたり。

 

かなりエロい内容が描かれています。

 

 

読み応え抜群な漫画なので是非読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




9 − 三 =