マジメな家出娘と絶倫男 無料ドロップ【家出娘を犯す!!】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
マジメな家出娘と絶倫男

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日はマジメな家出娘と絶倫男をお伝えします。

 

 

 

マジメな家出娘と絶倫男 ネタバレ

 

 

7月某日、私は、自宅にて家出サポート掲示板のチェックと書き込みをするという唯一の趣味を楽しんでいました。

 

 

『弱みのある家出少女を家に連れ込み、身体を要求する』という、実に単純ですが簡単ではないのです。

 

 

 

深夜、待ち望んでいたメールが届き、明日午前11時頃、駅前で話がしたいという内容でした。
そして翌日、「あなたがメールをくれた中林さんですか?」と冷たい印象の女子○生が話しかけてきました。

 

 

 

ですが、身体はとても上玉で、制服の上からでもわかってしまうプロポーションの良さに私は興奮を抑えるのに必死でした。

 
それから、家に泊める内容や条件などを説明すると、彼女は恥ずかしがりながらも、「まだHはできません。…処女ですし…。裸を見せたり、あなたに少し触るくらいなら…あまり経験はありませんが…」と言ってきました。

 

 

 

 

できる範囲のことを毎日してもらうという条件で彼女も納得しました。

 

 

 

 

そして、このまま家に来ることになり、お互い自己紹介をはじめ、彼女は『愛菜』と名乗りました。

 

 

 

洗面所や冷蔵庫など、好きに使ってくれて構わないと告げ、美味い飯を食わせて、私は自室に引きこもり、彼女を干渉せずに放置します。

 

経験上、このやり方が一番成功率が高いのです。
そして翌日の朝、私は仕事に行くので、鍵を愛菜に渡しました。

 

 

 

その日の夜、2人で夕飯を食べ終わると、愛菜が、「…あの、そろそろ…始めた方が…いいですよね?…」と恐る恐る聞いてきました。

 

 

 

 

あきらかに震えていたので、まだ不安なのだと思い、明日からでもと提案すると、先延ばしにするのは…

 

と言うので、ブラウスを脱いでもらい、スカートを両手で捲し上げるようにして座ってもらいました。

 

 

 

恥ずかしがりながらも恐怖で涙を浮かべる姿に興奮した私は、モノを取り出しました。

 

 

 

初めて見るモノに驚いた愛菜は直視できずにいました。

 

 

 

さすがに気になるのか薄目を開けてこちらの様子を伺っているので、私はゆっくりと手を動かし、扱き始めました。

 

 

 

「明日からこんな風にして触ってもらうよ。すぐに終わるから」と言うと、驚いた様子でしたが、なんとか我慢できると言って顔を赤らめていました。

 

 

 

 

そんな彼女を見てさらに興奮した私は、わざと彼女に精○をかけました。

 

 

 

彼女は襲われたかのような声をあげ、自分にかかった白い液体を嫌がりながらもまじまじと見ていました。

 

この続きは是非本編で読んでみてください。
電子コミックサイトで無料試し読みできますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




7 + 四 =