マジメな家出娘と絶倫男 無料ドロップ【顔射OKな女子高生】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日はマジメな家出娘と絶倫男という漫画のネタバレと無料情報をお届けします。

 

 

 

 

 

 

マジメな家出娘と絶倫男 ネタバレ

 

 

「…あの、それじゃあ…今日も始めますか…?」

 

 

と愛菜が切り出してきたので、今日は昨日よりも脱いでもらうことにしました。

 

 

 

ブラだけを外してきてもらい、私のギンギンにいきり立ったぺ○スを恐る恐る触る彼女、ぎこちない触り方、反応に初々しさを感じました。

 

 

 

私はもっと力を入れて擦るように言うと、半分泣いた様子の愛菜が一生懸命握り、擦り始めました。

 

 

なかなかイケそうもなかったので、胸を見せてくれと頼むと、最初は拒否していた彼女も、早く終わるならとブラウスのボタンを外しました。

 

 

 

すると、ポロンと大きな胸が見え、とても恥ずかしそうに顔を赤らめる愛菜がとても可愛らしく、

 

私のモノはさらに硬くなり、それを必死に擦る彼女にとても興奮し、

 

昨日と同じようにそのまま○精し、彼女の顔にかけました。

 

 

 

 

彼女はまた初々しい反応を見せ、私を喜ばせました。

 

 
ある日の夕食後、彼女はまた、

「…今日も何かするんですか?…」と聞いてきたので、

夕食を食べてすぐにエロいことをするのはおかしいと思い、酒でも飲んでゆっくりしてからすることにしました。

 

 

彼女にも勧めましたが、酒を飲んだことがないと聞き、驚きました。

 

 

初めての酒は、美味かったらしく、ぼーっとしていて、

 

モノを触らされるくらいなら、胸を触られてもいいと言うので、

 

私は彼女の後ろにまわり、ブラウスのボタンを外して直接胸を揉み始めました

 

 

酒も入っているからか、抵抗もしないので、ゆっくり優しく揉み、彼女の反応を楽しみました。

 

 

 

少し強く揉むと、愛菜は息があがり、鳥肌が立っています。

 

 

処女なだけあって、彼女自身よくわかっていないのです。

 

 

私はモノを愛菜の背中に押し付け、擦ります。

 

 

指を乳首に移動させると、ビクンと身体を揺らし、声が出てしまう愛菜。

 

 

気持ち悪い、痛いと嫌がりますが、酒が入っているからか、とても素直で、私はイキそうだったので、彼女にも「イク」と言わせました。

 

 

 

「感じすぎて困るの…だから…はあ…お願い、休ませて」そう言った彼女の背中に私は精○をぶちまけました。

 

 

 

初めての感覚にぐったりしている愛菜。

 

 

 

 

 

この続きは本編で是非読んでみてください。
無料試し読みすることができますよ♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




+ 二 = 6