【無料】ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校ネタバレ

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日は人気漫画「ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校」のネタバレと無料情報をお伝えします。

 

 

 

 

FANZAコミックはこちら
904_18

 

 

 

 

ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校 ネタバレ

 

俺は冴えない中年独身のおっさん。

 

 

そんな俺が今日初めて教師として初めて教壇にたちます。

 

 

 

俺が着任した学校は少人数で制服が自由な規則のゆるい学校だが、県内でも有数の可愛い子が集まる学校として有名なようです。

 

 

ここでの教師生活を薔薇色にするには最初の印象が肝心です。

 

 

 

これから行う初挨拶に全てかかっています。
俺の担任する生徒たちは噂どおり可愛い子ばかりで、しかもムッチリしてエロい体をしています。

 

 

さっきからずっと俺のことを見ている気がするが、そんなエロい体でじっと見られたら目のやり場に困ります。

 

 

 

我慢できずに勃起してしまいました。

 

 

 

生徒たちに引かれるかと思っていたら、みんな顔を赤らめてじっと俺のモノを見ていました。

 
放課後、職員室で休んでいると、宮崎あずさが訪ねて来て話があると言われました。

 

 

 

俺はあずさに連れられて教室にやって来ました。

 

 
あずさはドアを閉めると、息を乱して俺を押し倒しました。

 

 

 

「い、いきなり何をするんだ!」と慌てて言うと、

 

 

「先生さっき私の胸チラチラ見てましたよね?だからこういうことしたいのかなって」

 

 

そう言うと、あずさは俺のズボンをずり下げ、露わになったモノを咥えこみました。

 

 

 

「んぶっ、んん、じゅる、てか先生勃○しまくりじゃないですか。」といやらしい音を立てながら上目遣いで言います。

 

 

 

 

「くふぅ、な、なにを、してるんだ、あずさ、」

 

 

あずさのテクニックに負けそうになりながらも必死に抵抗します。

 

 

「先生だって、こんらにギンギンにさせて、んぁ、その気らったんでしょ?」

 

 

 

「や、やめるんだ、あずさ、」

 

 

気持ち良すぎてもう声も出ません。

 

 

 

「あぁん、先生かわいい、裏筋舐められると感じるんれすか?どんどん我慢汁出てきますよ?ぢゅぶ、じゅるる、んふぅ、しょっぱくておいひぃ、ずちゅ」

 

 

 

とあずさにやられっぱなしの俺はもう我慢できず出そうです。

 

 

「いいですよ、このまま、んんっ、私の口の中に溜まってたザー○ンらしてくらしゃい」

 

 

あずさがそう言うと、俺は遠慮なくゴプッ、ブビュッとあずさの口の中に出し切りました。

 

 

 

「んんんんんんん、んぐっ、ごきゅっ、あぁ、先生の精○、しゅごい濃厚ぉ、こんらにらしたのに、まらビンビンじゃないれすかぁ、私もおマ○コぐちょぐちょに発情しちゃったよぉ」

 

 

と言われて、

 

 

ヤリたい!この女とヤリたい!!

 

 

 

頭はそれしか考えられなくなっていました。

 

 

 

そして俺はそそり立ったモノをあずさの膣内に挿入しました。

 

 

 

「くおおおぉ、もう濡れ濡れじゃねぇか、この痴女が!」

 

 

 

俺は何も考えずにそう言うと、

 

「あぁあああ、先生のデカチ○ポ、膣奥まで入ってるぅ、いい、すごいよぉ、私今日会ったばかりの先生とセ○クスしてるぅぅ、中に、中に出してぇ」

 

 

とあずさが言うので、俺は中に出しました。

 

 

 

そしてあずさもビクビクと体を震えさせて、イキました。

 

 

「気持ちいいよぉ、しぇんしぇいのチ○ポに服従するぅ、一回で落とされちゃったぁ」

 

とあずさはトロトロにとろけていました。

 

 

 

 

 

 

FANZAコミックはこちら
904_18

 

 

 

 

 

コメントを残す




二 × 7 =