ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校 2話ネタバレ【先生に中出しされて孕んじゃった】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日はムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校のネタバレと無料情報をお伝えします。

 

 

前回のあらすじはこちら

ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校1話

 

 

 

 

 

DMMはこちら
904_18

 

ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校2話 ネタバレ

 

翌日、俺は陸上部の篠田理沙に呼び止められました。

 

 

 

「先生顔がにやけてますよ?

 

いやらしいこと考えてたでしょ?

 

ごまかさなくても知ってるんですよ?

 

昨日教室であずさちゃんとエッチしてるの見てたんですから。

 

私にもあの絶倫チ○ポ味わせてくれたら二人のことは秘密にしてあげますよ。」

 

 

と篠田が言うので、バラされでもしたら教師としての立場も危うくなると思い、篠田に従うことにしました。
あぁんぁああ、ああぁっ!

 

先生のチ○コ硬くてぶっとくて、さいこぉぉぉ!!

 

想像してたのより、全然すごいです!

 

これはあずさちゃんが気持ちよくなるのも、無理はない、ですねぇ」

 

と篠田は感じています。

 

 

 

 

篠田の体は運動をしているからか、締まりがいいので、俺も思い切りズンズンと腰を振ります。

 

 

「んあぁあああ、先生、子宮当たってますぅ、

私にも熱いのくだひゃい、先生の特濃精○!」

 

 

俺は篠田の言うとおり、中に精○を出すと、

篠田も中に出されていることに興奮し、イキました。
そして、俺は水泳部の顧問を任され部活を見学に行きました。

 

 

 

気づくと、生徒たちと3Pをしていました。

 

 

 

「七海ちゃんばっかずるいよぉ、おマ○コ気持ちよくしてもらって、私も先生の欲しいのにぃ」

 

 

「安心しろ、あとで香夜にもハメてやるからな」

とディープキスをレロレロとしながら言うと、ハメられているもう一人が、

 

 

「あぁん、いい、んひっ、くる、きちゃう、わたしもイッちゃうぅ~」

 

 

俺たちはその後もお互いを確かめあうように激しく混じり合い、セ○クスは下校時刻を過ぎるまで続きました。
とある日、俺は上司の先生から「研修を兼ねて学校の説明をする」と言われ、ついて行くことになりました。

 

 

 

成績の悪い子たちへ補習を行なっているということだが、その子たちが待つ教室のドアを開けると、俺は目を疑いました。

 

 

 

なんと、先生方が生徒たちとエッチをしていたのです。

 

 
「先生もどうですか?この学校はこういうかんじでビッチな子ばかりなんです。なので、成績の悪い子たちには精裁をくわえなきゃいけないんですよ」

 

と言われても起きていることを信じられないでいました。
俺は目の前で誘ってくる生徒に勃○したものを突き入れました。

 

 

「おっきぃ、挿入られただけなのにイッちゃいそう、いい、子宮の奥にズブズブ当たるぅ、」

 

 

中に出すと、その生徒もイキました。

 

 

 

すると、周りの生徒たちが「私、先生のオ○ホールになるぅ、」

 

 

「新人先生、次わたしぃ、」と声をかけてきて、

 

その日俺は、性力が尽きるまでこの女どもに射○しまくりました。

 

 

ムチムチJKをいつでも孕ませOKの学校 2話おわり

 

 

 

 

この続きは無料試し読みでどうぞ!

 

 

 

 

DMMはこちら
904_18

 

 

 

 

コメントを残す




− 1 = 一