人妻交姦ゲーム 無料 ネタバレ【隣の人妻「遊びだからセックスしてもいいよね」】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今回は「人妻交姦ゲーム」の無料ネタバレをお伝えします。

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
480_16

 

 

人妻交姦ゲーム 無料 ネタバレ

 

 

人妻交姦ゲーム!前回のあらすじはこちら

 

 

洋平と奈緒は土原家へ。

 

 

 

 

雅子と敬三はそのまま残り、雅子は下着姿になり、敬三は下着も脱いでいました。

 

 

 

緊張しながらモジモジしている雅子の手を取ると、自分のモノに触れさせて「奥さん、ほらデカいでしょ?」とニヤニヤしながら言いました。

 

 

480_1

 

 

 

普段もそんなにセックスをしない雅子はその大きさに驚いて手を振り払いました。

 

 

 

その反応を見て、また敬三はニヤリとしました。

 

 

ヤダ!あんな、大きなモノ入れられない!

 

雅子は少し不安になりました。

 

 

 

敬三に再度これはアソビだと確認していると、洋平と奈緒がいるはずの隣の部屋から、奈緒のいやらしい声が聞こえてきました。

 

 

 

これを合図のように、

敬三は「俺たちも始めようか、奥さん」と雅子の肩に手を触れました。

 

480_2

 

 

 
緊張している雅子をうつ伏せに寝かせると、雅子のお尻をジーッと見つめ

 

「けっこー、大きい尻じゃん。いいんだよ、こういう尻って。

 

ねじ込めばねじ込むほどマ○コの締まりが良くなるんだよ」

 

そう言うと、雅子の割れ目を指でなぞります。

 

 

 

すると隣の部屋から、奈緒のいやらしい声が、激しいセックスをしているのがこちらにも伝わるほどでした。

 

 

「すげーな洋平パイセン!あんなヨガる奈緒の声初めてだよ。よっぽどたまりにたまって、したくてたまらなかったんじゃねーの?ククク」

 

 

といじわるに敬三が言いました。

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
480_3

 

 

 
そして今度は、うつ伏せのまま両手で雅子のお尻を揉みしだくようにして、何度も触ります。

 

 

次に指でアソコをフニフニ触ったかと思うと、パンツに両手を入れてまたお尻を揉みしだきました。

 

 

 

雅子は直接触られて、気持ち良くなってきました。

 

 

すると敬三は雅子を立たせて、バックのようにして素股を始めました。

 

 

 

入っていないのに、敬三のモノが大きくて脈売っているのがわかります。

 

 

ズリズリ雅子のアソコにモノを当て、こすりつけられて雅子はもうイキそうです。

 

 

 
同時に隣の部屋からも洋平がイッた様子が伺えました。

 

 

 

そして敬三はまだイッていない雅子から自分のモノを離すと、「残念、奥さんとHできると思ったんだけどな。まあアソビだからね」とまたニヤリとしながら言いました。

 

 

 

雅子は敏感になったアソコを抑え、「そうよね」と息を上げていました。

 

 

この続きは是非本編で読んでみてください。
かなり興奮する内容となっています。

 

 

清純で真面目な奥さんが淫乱になっていく様は興奮を誘います。

 

 

人妻好きにはたまらない漫画となっています。

 

 

 

無料試し読みができるので是非読んでみてください。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
480_16

 

 

 

 

 

コメントを残す




− 三 = 1