叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料ドロップ【叔母さんを脅して中出し!】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて3話

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日も引き続き叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのネタバレをしていきます。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 3話ネタバレ

 

 

 

「ゴメン…どうしてもオシッコ我慢できなくて…漏らしちゃった。

手汚しちゃって…服も…ホント…ゴメン」

 

 

僕はそれが○精だとは知らずにひたすら叔母さんに謝りました。

 

 

 

叔母さんは驚いた顔をしていましたが、優しく頭を撫でてくれました。

 

 

「あのさ…叔母さん、このこと母さんと父さんには…」

 

「そ、そうね、忘れましょ。え~っとひとまず、布団運ぼうか、ね?」

 

 

叔母さんは気にしていないそぶりで普通に会話してくれました。

 

 

 

 

 

翌日、何もなかったように僕に笑顔を向けてくれた叔母さんに

 

また冷たくしてしまったのに、

 

「またおいで、こーちゃん!」

 

と優しく言ってくれました。

 

 

 

 

 

 

それから2ヶ月後、僕は夏休みに入ったので、また叔母さんの家に遊びに来ました。

 

 

父さんも有休を取ったらしく、今回は2週間ほどいるらしいのです。

 

 

 

その日の夜、みんなが寝てから僕は叔母さんたちの寝室へこっそり入りました。

 

 

叔母さんのベッドに乗っかると、叔母さんはすぐに目を覚まし、驚いた様子でした。

 

 

 

「オレ、もう知ってるから…前に来た時のこと」

 

あの時のことを調べて、叔母さんが俺に何をしたか知ってしまいました。

 

 

どうすれば子供ができるのかも…。

 

 

 

 

「オレ、オレ叔母さんと子供作りたいっ!

叔母さんセ○クスさせて!

したい!

叔母さんとセ○クスしたい!

 

 

…この前のこと、ウチの親や叔父さんにも言っちゃうから」

 

 

 

 

 

僕は無我夢中で脅すようなことを言っていました。

 

 

 

叔母さんは慌てた様子で、僕を連れてトイレに移動しました。

 

 

 

「この前みたいに手でするから、それで…」

 

 

 

 

 

叔母さんが言い終わる前に僕は、

 

「やだ!オレ、叔母さんとセ○クスしたいんだっ!

叔母さんの体の中にチ○チンを…」

 

 

叔母さんはため息をついて、困った顔をしていました。

 

 

 

この続きは是非本編で読んでみてくださいね。

無料試し読みもできますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




五 − = 0