合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜【濃い精子をマNコの中で射精しました】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間

 

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今回はチンジャオ娘さんの最新作
合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜
についてのネタバレと無料情報をお届けします。

 

 

 

 

 

合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜のネタバレ

 

 

前田あずさは、幼馴染みの優くんと小さい頃から仲が良く、周りからも公認の仲でした。

 

 

でも、実際付き合っているわけではありません。

 

 

 

お互いに想い合っているはずだが、幼馴染みでいた時間が長すぎて、次の関係に踏み出すきっかけをお互いにずっと掴めずにいました。

 

 

そして迎えた大学受験、二人とも同じ大学を志望していましたが、優くんだけが不合格で、別の地方の大学に行くことになりました。

 

 

 

落ち込んでいると、あずさが、「最近私のこと避けてない?」と話しかけてきました。

 

 

そして、合宿免許に行くと優くんに告げ、「私が車で優くんに会いに行くね」という彼女の言葉に優くんは嬉しさと同時に申し訳なさを感じていました。

 

 

 

 

合宿初日の夜、その日は受講生同士の親睦を深めるため、男子たちの部屋で飲み会が行われました。

 

 

「どーもー、ここいいかな?あずさちゃんだよね?俺ケンゴよろしく〜」

 

「よろしくお願いします。ところで、あの、これってお酒ですよね?私たちまだ、」

 

 

あずさがそう言うと、「あずさちゃん真面目だね〜、もうすぐ大学生なんでしょ?今から慣れておかないと入学してから困るよ〜?」とケンゴに言われ、

 

 

あずさは少しだけと、お酒を飲むことにしました。

 

 

お酒のせいもあり、普段話さない優くんの話を初めて会った人にしていました。

 

 

親身になって話を聞いてくれるケンゴに余計な話までしていました。

 

 

 

するとその時、王様ゲームが始まり、なんとあずさはケンゴにほっぺにキスをすることになり、お酒も飲んでるし、ノリ悪いと思われたくないのと、ほっぺだから大丈夫だよねと、あずさはケンゴのほっぺにキスをしました。

 

 

 

2時間が経ち、あずさはベロベロに酔っ払い、眠ってしまいました。

 

 

ケンゴは介抱するふりをして、あずさの胸を触り、「ちょっと飲み過ぎちゃったみたいだね〜、もう休んだ方がいいよ、部屋まで送るから」

 

 

 

そう言って、意識のないあずさを部屋まで運び、服を脱がし、あずさの上に覆いかぶさっています。

 

 

 

目が覚めたあずさは驚いて、声を出して助けを呼ぼうとしましたが、みんな楽しんでいて全く聞こえません。

 

 

 

「お、お願いします、それだけは、それだけは許してください、お願い!」

 

とケンゴに頼むと、代わりに何をしてくれるんだと迫られ、「キ、キスします!だから」と言うとすかさず、「じゃ、遠慮なく〜」とケンゴは言って、あずさの唇を奪いました。ケンゴの舌が入ってきて、レロレロとケンゴの舌と自分の舌が絡み合い、初めての感覚にあずさは濡れてしまいました。

 

 

 

「じゃあそろそろ本番いきますか」とケンゴが言うので、あずさは驚いて「え、待って!約束が違うっ」と言うと約束なんかしてないと一言言われてしまい、無理矢理挿入されてしまいました。

 

 

 

コメントを残す




6 + 八 =