合宿免許の実態 無料ドロップ【女子大生処女のマNコに中出し!セックスに狂う】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日は合宿免許の実態についてネタバレしていきます。

 

前回のあらすじはこちら

 

 

「あ、あの、は初めてなんです」とあずさが言うと、

 

 

「わかってる、大丈夫だって、悪いようにはしねーから。ほら、力抜かねーと痛いぜ?」と言って、

 

 

 

ズブズブ、ブチッ

 

 

と音がして無理矢理挿入されてしまいました。

 

 

「いやあぁぁぁ!!いや、あぁ、痛い」

 

 

「おーし、全部挿入ったぁ。ロストバージンおめでと~処女なのにすんなり挿入ったな。ははっ、もしかして俺とのキスで濡れてた?」

 

と言うとすぐにズッチュズッチュと腰を振ります。

 
「あっ、あぁ、あ、あ、」とあずさも慣れてきたのか、
気持ちよくなっています。

 

 

「お、おぉっ、すげえ、これわかる?ぬるぬるだぜ?あずさちゃんの新品おマ○コ、キツくて気持ちいい~。あーすっげ、まじこれ。あーやっべ、あずさちゃんも気持ちいいっしょ?」

 

 

「んっ、そんなこと、あっダメ、それ以上動かないでぇ」

 

「あ~最高~、この処女マ○、マジ最高だわ、お、一発目出そ」

 

 

 

ケンゴがそう言うと、腰の動きがさらに激しくなり、パンパンと音が響きます。

 

 

すると、ケンゴはあずさの中で射○しました。

 

中出ししてしまったのです。
飲み会が終わり、ルームメイトが戻った後も、ケンゴは私を犯し続けました。

 

 

 

息をひそめて、まるでこの状況を楽しんでいるかのようにすら感じました。

 

 

 

静かな部屋にあずさのアソコのくちゅくちゅといういやらしい音が響いています。

 

 

 

ケンゴは挿入れたまま、あずさのク○をいじっています。

 

 

 

すると、ルームメイトが声をかけてきました。

 

 

 

飲みすぎて心配だったと言われ、何ごともないように会話をし、会話中もずっとケンゴはあずさの体をいじり、あずさは声を堪えるのに必死です。

 

 

 

どんなにいじられても我慢していましたが、声を出さずにそのままあずさは潮を吹きました。

 

 

 

あずさは初めての感覚に頭が真っ白になっていました。

 

 

 

あずさのアソコはキュンキュン締まって、
次はケンゴの方がまたあずさの中に射○しました。

 

 

 

コメントを残す




7 − = 三