合宿免許の実態 無料ネタバレ【中で出さないで!赤ちゃんできちゃう】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日は合宿免許の実態 のネタバレと無料情報をお届けします。

 

前回までのあらすじはこちら

合宿免許の実態 1話

合宿免許の実態 2話

 

 

飲み会の夜に無理矢理犯されて以来、毎晩のようにケンゴに体を求められるようになっていました。

 

 

 

ついには、昼も構わず迫ってくるようになっていたのです。

 

 

「こんなところで、お願いだからやめて?他の人がきたら」

 

とあずさが言っても、ケンゴはやめずに、ズプズプ、じゅぷじゅぷと挿入れ、動き始めました。

 

 

 

「あー、やっぱコレいいわ、あずさマ○コいいわ〜」

 

 

 

あの夜からわずか数日で、体はケンゴのモノに慣れ始めていました。

 

 

 

 

イヤでイヤで仕方なかったはずなのに、あの、初めて絶頂した時の感覚がどうしても忘れられないでいました。

 

 

 

 

あの感覚をまた味わいたい自分がいます。

 

 

 

 

人に見られて興奮して、「何興奮してんだよ、さっきよりとろとろマ○コになってんぞ」そんなことを言われて、いつもより感じている自分に気づきます。

 

 

 

 

 

「あー、やべ、イキそ、おまえのスケベとろマ○で、あー」

 

 

そう言って、またあずさの中に射○しました。

 

 

そしてあずさはケンゴに命じられるまま、3回しました。

 

 

 

 

合宿も半分近くが過ぎ、教習は順調に進んでいましたが、あずさはついに、他の男たちにまで共有されるようになってしまいました。

 

 

 

ケンゴ以外の男たちはゴムをつけるというルールだけがせめてもの救いでした。

 

 

 

「おっ、おぉー、あずさちゃんのマ○コめっちゃいいっすねぇ〜」

 

「やっ、やだぁ、もう抜いて」

 

 

あすさが嫌がると、ケンゴは

 

「ぎゃーぎゃーうるせぇぞ、あずさ。いいから黙ってチ○コしゃぶれ、ほらサボるな。おいおい、教えたとおりもっと深く咥えないと」

 

 

そう言いながら、ケンゴはあずさのスマホを見ていました。

 

 

 

そしてスマホの中から優くんを見つけ、咥えているあずさの顔を写メで撮り始めました。

 

 

この写メを優くんに送られたくなかったら、ここにいる全員をイカせろとケンゴに命じられ、あずさは早く終わってほしいと、一生懸命がんばりました。

 

 

 

 

残るはケンゴだけとなり、しっかりしゃぶり、やっとケンゴもイカせることができ、写メを消そうとしたケンゴでしたが、

 

 

「はーい、あずさちゃん7人斬り達成〜」

 

 

そう言いながらまた写メを撮ったのです。

 

 

この続きは本編で読んでみてください。
かなりエロいシーンが続きます。

 

フェラチオ、口内射精、中出しシーンが満載です!!

無料試し読みもできるのでまずは無料で読んでみてください。

 

 

コメントを残す




八 − 3 =