【漫画】夏色乙女 〜成長途中の幼いイトコと禁断関係

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出

 

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日は夏色乙女のネタバレと感想を書いていきます。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!
879_12

 

<script type=”text/javascript” src=”http://aspm.jp/cl/click.js”></script><a href=”http://ad.aspm.jp/7a9699/i12/” target=”_blank” onClick=”return adCount(‘7a9699′,’i12′);”><img src=”http://aspm.jp/banner/00/27/879_12.jpg” alt=”電子コミックサイト【夏色乙女 俺と従姉妹と爛れた性交に耽った夏の思い出】LP1※スマホ専用” border=”0″></a>

夏色乙女 ネタバレ

 

8月、夏真っ盛り、俺は里帰りで田舎の実家に帰ってきていました。

 

 

高校のときに無理を言って受験をし、某大学に進学。

 

 

 

大学に入りさえすればと思っていましたが、現実は甘くありませんでした。

 

 

 

就職には失敗し、今はコンビニでアルバイトをして生計を立てています。

 

 

もちろん、親には内緒にしています。

 

 

 
少しでも真夏の暑さから逃れようと、子供の頃、よく遊んだ小川に向かいました。

 

 

 

パシャパシャと音がする方に目を向けると、制服姿の女の子が川に足を入れたり、覗きこんだり無邪気に遊んでいました。

 

 

 

思い出に浸りながら、女の子を見ていると、スカートを捲っているせいか、パンツが丸見えになっていました。

 

 

 

「ぱんつ見えてんぞー!!」と声をかけてみると、

「えっ!?お兄ちゃん!?えっ?えっ?えっ!?」

 

スカートを抑え、振り返った女の子は、幼馴染みのように育った従兄妹だったのです。

 

 

昔のことを思い出し、懐かしんでいると、ドッポーン!!と派手な音と水しぶきを立てて、その子は倒れたのです。

 

 

 

心配になり、「おーい、大丈夫かー?」と声をかけました。

 

 

「あ、たたた…ん、大丈夫ー」そう返事をしましたが、

 

なかなか立ち上がろうとしないので、心配になり、靴を脱いでかけつけると、全身びしょ濡れになっていたのです。

 

879_1

 

 

 

「あ、ごめんね?ちょっとお尻打っちゃった…」

と言いながら俺を見上げている従兄妹は、しおらしく、また可愛らしく見えました。

 

 

妹のような存在だった従兄妹はずいぶん大人びて見え、動揺してしまい、わずかに胸が高鳴りました。

 

 

そもそも従兄妹を女子として見たことなんてなかったので、それほどに彼女は成長していたのです。

 

 

 

大丈夫かと聞くと、「だ、大丈夫。だからあっち行ってて」近づこうとする俺を、顔を真っ赤にしながら、手を振り、離れてと言わんばかりにジェスチャーをします。

 

 

 

そして、従兄妹はブラを、していませんでした。

 

 

水浸しになった制服は従兄妹の身体にぴったりと張り付いていて、成長途中の女らしい身体の線をくっきりと現していました。

 

879_2

 

 

 

膨らみのある先の突起は、ぷっくりとその存在を主張して、彼女の赤らんだ顔と同じくらいに赤く、張り詰めていました。

 

 

 

曲げた膝のその内側には、やはり水を吸って肌を透かしているショーツが見え、くっきりと形を露わにしています。

 

 

 
「あはは、結構ずぶ濡れだぁ…」と照れ隠しに笑いながら言う従兄妹をちょっとした林になっている場所に連れて行きました。

 

 

 

 

あいにくここなら周りの目も気にせずに済みます。

 

 

「あのさぁ、なんでブラしてねーの?」とつい口を滑らせてしまい、

 

「な、なに言ってんの!?お兄ちゃん…」とっさに振り返ると、

 

従兄妹と目が合い、目に見えるほど、顔を真っ赤にして、俺の方を見てきます。

 

 

 

そして俺は、思わず従兄妹の胸を鷲掴みにしていました。

 

 

じっとりと濡れて冷たい制服の感触の裏に、たしかな暖かさと柔らかさを感じました。

 

 

 

手の平にははっきりと存在を主張する、薄桃色の突起。

 

「ちょっ…やだっ…い、痛いよ、おに、いちゃん」と今まで聞いたこともない声色、制服の下にあるいやらしい突起物に、俺は欲望のままに、むしゃぶりつきました。

 

 

 

「んんぅぅぅっ!!ひっ、ゃめっ、やめ…てよ、おね…がいだから」

 

 

ぢゅるぢゅると音を立てて吸い上げるとびくびくと身体を震わせる従兄妹。

 

 

 

俺は欲望を抑えきれずに、本能のままに行動に移しました。

 

 

 

この続きは是非無料試し読みで読んでみてください。
電子コミックサイトで無料試し読みすることができます♪

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
879_1

 

 

 

コメントを残す




七 × = 63