女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでしたドロップ無料【マンコにジャストフィット】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日は女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたという漫画のネタバレを書いていきます。

 

前回までのあらすじはこちら

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
276_12

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした ネタバレ

 

 

相川壮介は、高卒のフリーター。

 

 

今は結構なぼろアパートに住んでいます。

 

 

いつもバイトでぼろ雑巾のように働かされているが、唯一の癒しが、

 

「おはようございます相川くん。今日は夜勤だったんですか?」

と話しかけてきたこの若くて美人な大家の清水由紀さんと挨拶だけです。

 

 

「いつもお疲れ様」と優しく声をかけてくれて、

 

「女の子一人でアパート管理なんて大変だろうな」と思っていました。

 

 

「ただいまっす」

 

「相川くんは今からお休みですか?ゆっくり休んでくださいね」とニコリと「優しい笑顔で、年上に見えないくらいかわいいんだよなー」といつも気になっています。

 

276_3

 

 

相川が寝ていると、上の階から

 

ドンッ!ドンッ!

 

と騒がしい音がしてうるさくて眠れません。

 

 

「まぁどうせどうせこんなアパートに住んでるってことは、碌なやつじゃないんだろうが」そんなことを思いながら、上の階の人に注意しに行くことにしました。

 

 
「すいませーん。下の階の相川ですけど、あの、いつもドンドン迷惑なんですけど」

 

 

と言うと、中から出てきたのは、かわいらしい女の子でした。

 

 

「ご、ごめんなさい。うるさかったですか?私、女優を目指してて、まだ未熟だからいっぱい練習しなくちゃいけなくて、以後気をつけます。」

 

 

 

注意しに行ったはずなのに、応援してしまい、ドンドン音がしても、頑張ってるんだなぁと思うようになりました。

 

 

 

さっきのかわいらしい姿を想像していると、ムラムラしてしまい、オ○ニーを始めました。すると、上の階からメリメリ、と音がして崩れてきたのです。

 

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
276_2

 

 

 

 

コメントを残す




2 × 二 =