女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした無料ドロップ【美人大家さんを犯して中出し】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
276_2

 

 

 

 

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした3話

 

 

 

2人を見て、驚いた清水さんは

 

「おっ、お邪魔しましたー!!」

 

と言って部屋をビューっと飛び出して行きました。

 

 

清水さんに誤解されると困るので事情を説明しようと、相川は急いでパンツとズボンを履いて追いかけました。

 

 
丹生さんも混乱していて、顔が真っ赤になっていました。

 

 
清水さんに、突然天井が崩れ落ちてきたことを説明し、

 

湿気による床下の腐敗が原因でいつ崩れてもおかしくなかったとわかってもらえて、

 

2人は偶然そうなってしまったと必死に事情を話すと清水さんは大家として責任を取る、

 

天井が直るまで丹生さんと部屋を交換すると言い出しました。

 

 

 
そして清水さんと一緒に住むことになった相川は、何か起こるのではないかと、あらゆる妄想をしますが、何ごともなく2人は寝ることに。

 

 

 

すごく寝相が悪い清水さんは布団を剥いでしまい、布団を掛けなおしてあげようとしたら、

 

276_11

清水さんに抱きつかれた相川は、「ちょっとだけ、」そう思いながら、清水さんの服を捲り上げて大きな胸をぽよんぽよんと揉むと、

 

 

清水さんの声が「んっ」と漏れて、触るだけでは物足りなくなってしまい、少しだけなら、と調子に乗って、清水さんのアソコを服の上から触り始めました。

 

 

 

そして寝ている清水さんを犯して挿入してしまうのです。

 

 

 

この続きは是非本編で読んでみてくださいね。

 

 

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでしたはかなりエロいですし絵が綺麗なので大満足できますよ。

 

 

オススメです。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽    ▽    ▽
クリック!!
276_3

 

 

 

コメントを残す




× 四 = 4