女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした ドロップ無料【ぐちゅぐちゅのマンコに中出し】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

こんにちは管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日は引き続き「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」のネタバレを書いていきます。

 

前回までのあらすじはこちら

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
276_12

 

 

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした2話

 

 

 

上の階の床が抜けて、丹生さんは落ちそうになっていて、ぶら下がっていました。

 

 

「ちょ、ちょっと持ち上げてくれませんか?」

 

と言われとっさに相川は、丹生さんの足を持つと、バランスを崩して、丹生さんのアソコに顔を埋める形になってしまいました。

 

 

 

いきなりのことで、丹生さんもビクビクッと感じてしまい、そのまま相川がいる下の階に落ちてしまいました。

 

 

 

そして、丁度オ○ニーをしていた相川のモノの上に降りた丹生さんは、うまい具合にショートパンツがズレて騎乗位のようにして、挿入ってしまいました。

 

276_2

 
相川は、「だ、だめだ、さっきシコり中だったから」そう思うと、丹生さんの服を捲り上げ、胸を揉み、乳首をコリコリといじり始めました。

 

 

丹生さんが「あっ、いや、離して、」と言っても相川はやめません。

 

 

 

乳首をレロレロと舐められ、丹生さんも気持ちよくてビクビクと震えて感じています。

 

 

 

感じながらも「やめてください、」と言いますが、相川はさらに腰を動かして、奥まで突きました。

 

 

 

相川の腰は動くのをやめず、ジュプッジュプッといやらしい音をたて、上下に振り続けます。

 

 

 

「ん、あぁっ、いや、こんなのっ」そうは言いながらも丹生さんは気持ちいいと思っていました。

 

276_3

 

ねっとりと絡み合ういやらしいキスをしながら、いつのまにか、丹生さんの腰が動いていて、ビクビクビクビクと震えてイッたあと、とろっとした顔で相川を見ました。

 

 

 
その時、バタバタバタと走る音が聞こえて、相川の部屋のドアがバンッと開きました。「ちょっと、何があったんです!!」と清水さんが驚いた顔をしています。

 

 

続きは本編で読んでみてください。

無料試し読みもできますよ。

 

かなりエロい漫画なのでオススメです♪

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
276_12

 

 

 

 

コメントを残す




− 3 = 二