【エロ漫画】妖怪ウォッチ 人魚 漫画【妖怪ウェッチというエログロ漫画】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日はエロ漫画の妖怪ウェッチという漫画についてレビューしていきます。

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
492_3

妖怪ウェッチ ネタバレ

 

人間をさらって食べてしまうという人魚が出たと噂になり、少年は人魚をかくまっていた洞窟へ向かいました。

 

 

 

人魚のたわわな胸を少年は直視することができません。

 

 

 

人魚は少年に

「あなたの精をわけてもらえませんか?男の子ですもの、わかるでしょう?」

と言うと少年のアソコに服の上から触れました。

 

 

少し触られただけで少年はイッてしまいました。

 

 

「あら!もったいない!さぁ次はきちんと、こちらに出してくださいますよね?」

 

そう言うと、少年と人魚は重なり合いました。

 

492_2

 

 

 

経験の無い少年はすぐに人魚の中で果ててしまいました。

 

 

すると人魚の体はみるみる変化し、人間のようになりました。

 

 

 

それから、休むことなく何度も何度も人魚の中で射精し、少年は精気を吸い取られ、操られたかのように腰を振り続けるのでした。

 

 

 

そして人魚の股間から得体の知れないニョロニョロとしたものが生えていて、それを少年の肛門に挿入し、ポコポコといくつもの卵を産みつけたのです。

 

 

 

 

かわいい人魚がまさか、あんな怪物だとは思っていませんでした。

 

 

 

うぶな少年の精子を搾り取り、卵の餌にしていたなんて。

 

492_2

 

 

そして、人魚から生えたあの触角のようなニョロニョロとしたものはなんだったのかすごく気になります。

 

 

 

 

たくさんの精子のおかげで元気になった卵を産んで、その後少年のお腹の中でどう成長するのか、

 

 

ボロボロになった少年はどうなってしまったのか、続きが気になります。

 

 

この続きは本編で読んでみてくださいね♪

エロくてグロい漫画でした(汗)

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
492_4

 

 

 

 

 

コメントを残す




八 − 3 =