寝取られJK 私先生のお嫁さんになります【無料ネタバレ】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
寝取られJK―私、先生のお嫁さんになります―3話

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日は寝取られJK―私、先生のお嫁さんになります―3話のネタバレをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

寝取られJK―私、先生のお嫁さんになります ネタバレ

 

 

「お腹あづぃぃぃ!!膣内あづいのぉぉっ!!」

 

 

「ほらっ、まだまだ出るぞっ!もっと味わいなさいっ!」

 

 

 

「うそぉぉっ!?○精止まんないよぉぉっ!!まだ出るっ?まだ止まんないのっ?やらやらぁっ!!、お腹膨らんじゃうっ!…っはぁん!はーっ…はーっ…」

 

 

 

永遠とも思える時間のあと、先生はゆっくりとアレを引き抜きました。

 

 

 

膣内で出された先生の精○が勢いよく吹き出してきました。

 

 

 

「あの…これで停学はナシにしてくださるんですよね?」

 

 

 

「あぁ、その代わりこのことは誰にも言うんじゃないぞ?親御さんにも、もちろん彼氏にも内緒だ…いいな?」

 

 

 

「はい…約束します」

 

 
授業が終わってもう随分経つのに、白川さんが来ません。

 

 

 

何か急用ができたのかもしれないけど、メールすらありません。

 

 

 

おかしいな…いつもなら遅れるときは絶対に連絡をくれているのに。

 

 

 

そう思い、僕は不安になって教室まで彼女を迎えに行くことにしました。

 

 

 

 

廊下に出てすぐ、白川さんと鉢合わせました。

 

 

 

「あっ、溝内くん。待たせてごめんね!急に委員会の仕事が入っちゃって…えっと、それで本当に申し訳ないんだけど、今日はもうこんな時間だし、勉強会はまた明日にしない??」

 

 

 

そう言うと彼女は急にカラダをビクッと震わせて、慌てた様子でトイレに向かいました。実はこの時、先ほど先生に出された精○が彼女のアソコからドロッと垂れてきていたのです。

 

 
あれから数日後の放課後、私は先生に教室に呼び出されました。

 

 

 

「さぁ、自分で服を脱ぎなさい。でないと、あの日のことを他の生徒にバラすぞ?」

 

 

 

なんて卑劣な教師なんだと思いましたが、逆らうわけにもいかず…

 

 

私は震えながら服を脱ぎました。

 

 

 

 

いつもの教室に裸でいるなんて、不思議なかんじがします。

 

 

 

「先生は忙しいから慣らさずに入れさせてもらうぞ。なぁに2、3回ピストンすれば愛液でヌルヌルになるだろう。君のおマ○コは人より濡れやすいようだからな」

 

 

 

先生は自分勝手に、アレを私のアソコにつきつけました。私は目をつぶって痛みをやり過ごそうとしますが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




× 4 = 四