日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス 無料ネタバレ 

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス

 


【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


 

 

 日に焼けるまでセックス 無料ネタバレ チンジャオ娘最新作 詳細はこちら
日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス 詳細はこちら

 

雨の日、髪を切った藤本先輩が外出しているところから始まります。

 

 

電車から見かけたのが、駅のホームにいるあゆみ。
下向きかげんで元気のなさそうな様子です。

 

 

そして場面が変わって、11月13日の先生の誕生日になりました。
あゆみは、ケーキを買ってろうそくをつけています。

 

久しぶりの先生の部屋。
和やかに楽しく話すふたり。

 

 

本当の気持ちを言ってから、お互いに少し変わったとあゆみは思っています。

先生が持っていてほしいと差し出したのは、部屋の合鍵。
それは、おにいちゃんがアメリカに行ってから、おばさん以外にも頼れる人がいた方がいいという先生の思いやりでした。

 

 

でもあゆみは、それをきっかけにおにいちゃんがアメリカに行くということを実感してしまうのです。

 

 

そして、何時の便だっけ?という先生の問いかけに驚きます。

13日だと思っている先生は、本人から今日だと聞いたと言ってしまって・・・

 


【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


 

■日に焼けるまで田舎の従兄弟セックスの感想

 

せっかく先生とあゆみがラブラブな展開におさまりそうだったのに、やはり波乱のスタートです。

 

 

あゆみはやっぱりおにいちゃんへの恋心がふっきれないんですね。
それはそうです。まだ高校生だし、そうは簡単に割り切れるものでもないし。

 

 

頭では漠然と優しい先生も好きだからやり直せると思っていても、毎日家にいた人がいなくなるのだから当然です。

 

 

恋を抜かしても、愛する家族ですから。

 

 

先生も今回はかわいそう。せっかく合鍵を渡したのに、それがあゆみの心の動揺を招く結果になってしまいました。

 

 

誰も悪くないのに、とても切ないです。

 

 

このあとの展開はすごく気になるのに、読むのが恐くなるような気持ちもあります。
みんな幸せになって!

 


【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


 

日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス その2

 

29話で、今日おにいちゃんが旅立ってしまうかもしれないと思ったあゆみ。

 

 

30話は、知らなかったのか?と驚く先生の場面からスタートします。

 

 

先生の家を飛び出して行こうとするあゆみと、それを行くなと止めようとする先生。
ここで追いかけてしまったら、本当に終わってしまう・・・

 

 

止める方も必死です。
でも、涙をポロポロ流すあゆみの顔見て、それ以上止めることはできませんでした。

 

 

呆然とする先生でしたが、車で送ってあげようと追いかけます。
しかし、意外と足の早いあゆみはもういない。

 

 

するとそこに現れたのはおにいちゃんでした。

 

 

「だから言ったろ。あいつが好きなのはオレだって」
「これで心置きなくあいつを置いていける」

 

 

もちろん先生は怒ってなぐろうとします。でも殴れない・・・
自分はまだいいとして、なんであゆみまで試そうとしたんだ!

 

 

先生の怒りの言葉への返事は、おにいちゃんの切ない本音でした。

 

 

日に焼けるまで田舎の従兄弟セックスの感想

 

 

あ〜・・・苦しい・・・

おにいちゃんの本音がハッキリわかりました。
兄妹だから許されない関係だからこそ、心だけは欲しいという気持ち。

 

 

それが許されてしまう先生への嫉妬。切なすぎます。

 

 

雨の中呆然と立ちすくむ先生もまた何も言い返せず切ないですね。
あゆみのことが好きなくせに、やっていることがむちゃくちゃだと思いながらも、言い返せない。

 

 

それは、自分とは逆のことで悩んでいるおにいちゃんの気持ちが痛いほどわかるからでしょうか。

 

 

えっちはしているのに、心が欲しくて悩む自分。
心は自分にあると確信しているのに、えっちができないのはもちろん恋人にもなれないおにいちゃん。

 

 

おにいちゃんの辛さは、セリフからわかるのはもちろんですが、少し出てくる藤本先輩のセリフからも彼の気持ちがすごく伝わってきます。

 

 

こうなると、おにいちゃんを追って飛び出したあゆみがどうしたのか気になりますね。

 

 

日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス その3

 

31話は、太壱がバイトを終えたところから始まります。

帰宅しようとした太壱は,ひどい雨の中、ずぶぬれでぼうぜんと歩いているあゆみを見つけます。

 

 

そして、翌日。
学校の屋上で考え事をしている先生。
太壱に言われた言葉を思い出し、考え込んでいます。
あの人に似てると思ったことは一度もないけど・・・

 

 

帰宅すると、誰かが訪ねてきます。
一瞬、あゆみかと思って出てみると、そこにいたのはおにいちゃんの方でした。

 

 

ふたりとも学校を休んでいたので、アメリカ行きの準備をしているのかと思っていた先生も、そこで大変なことがあったと知ることになります。

 

 

昨日から、あゆみが家に帰っておらず、携帯もつながらないというのです。

 

 

今にも倒れそうな青い顔をしているおにいちゃんは、探すために飛び出そうとします。
しかし、先生は冷静に彼を落ち着かせて話を聞きます。

 

 

 

日に焼けるまで田舎の従兄弟セックスの感想

 

あゆみがどこにいるのかは想像できますね。
おにいちゃんに会っていないということは、もうアメリカへ向かったと思っているのでしょう。

 

 

どんな気持ちでいるんだろうって思うと、キューンとします。
先生への罪悪感とか、実感がわかなかったおにいちゃんの旅立ちが突然来たというショック。
女性だったら、どれだけの気持ちなのかわかりますよね。

 

 

つらすぎる!もう頭の中が真っ白って感じ。

 

 

おにいちゃんもまた罪悪感と心配でいっぱいだと思います。
ぶっ倒れそうっていう状態になってまで、探しまわるのは愛ですね。

 

 

でも、先生が冷静でよかった。大人だな〜って珍しく思いました(笑)
そしてカッコいい。いざって時に落ち着けるのはさすがにふたりとは違います。

 

 

それにしても、太壱はいつもタイミングよく登場しますね。
とても好きなキャラだわ〜と改めて思いました。

 

 

次回は、あゆみがおにいちゃんと先生に会いますね。
どういう状況になるのかワクワクします。

 


【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


 

 

コメントを残す




5 − = 三