【漫画】かえりみち。ネタバレ無料【上司の愛娘をレイプ!】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
かえりみち。―上司の娘と二人きり―3話

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日はかえりみち。という漫画のネタバレと感想をお伝えします。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽    ▽    ▽
クリック!!
126_6

 

かえりみち。ネタバレ

 

 

 

「うわぁっ…こんなの…いやぁっ…」

 

少女の体を掴み上げ、壁に押しつけるようにすると、柔らかな尻肉を手のひらで楽しみながら、より深く彼女の奥へと侵入していきます。

 

 

「あぐぅっ…うううっ…くうっ」

 

何かに堪えている彼女の子宮口を突き上げます。

 

 

 

 

「いっ…んくぅぅぅっ」

 

 

戸惑いの声をあげる彼女の顔を太ももを抱きかかえるようにして更に奥へとぺ○スを挿入し、子宮に刺さらんばかりに押し当て腰を揺さぶります。

 

 

 

 

まだ処女を奪われて間もない少女は明らかに快楽の色に染めた声を漏らし、膣肉は柔らかくこなれて、私の侵入をすっかり受け入れていました。

 

 

126_6

 

結合部から溢れ出た大量の愛液がポタポタとこぼれ落ちて、湿気にまみれた床を濡らします。

 

 

「このまま膣内に○精させてもらうよっ!」

 

 

「やっ…だ、だめっ、だめぇっ…」

 

 

 

拒絶の言葉を口にしながら、強く何度も彼女は締め付けてきます。

 

 

 

 

「うぐっ…で、○精るっ!!」

 

 

 

暖かな柔尻に押しつけるように腰を密着させ、少女の子宮口をこじ開けるようにして、精を放ちました。

 

 

126_7

 

私は獣欲に流されるまま、腰を小刻みにゆすり、初めてを奪った少女の膣内に○精を繰り返し続けました。

 

 

 

 

少女の膣内もまた、ぺ○スを吸い上げるように脈動して、何度も何度も私の精をねだるように吸い付いてきました。

 

 

 

父親の部下にレ○プされ、膣内○精されたというのに彼女もまた絶頂の快楽を感じていました。

 

 

 

尚もヒクヒクと男を誘う秘唇からぺ○スを引き抜きながら、私は今夜彼女を○し続けることだけを考えていました。

 

 

 

 

そして彼女にシャワーを浴びるように言いました。

 

 

 

浴室に入った彼女も下腹部のひきつるような痛みを感じ、何が起きたのか冷静に考え、

 

頭がぐちゃぐちゃになり、とにかく中の精○を早く書き出さないと、と思い、手を伸ばそうとしたその時、「君の家に連絡しておいたよ」そう言ってあの人が入ってきました。

 

 

 

この続きは本編でご覧ください!

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽    ▽    ▽
クリック!!
126_8

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




− 2 = 一