深夜タクシー泥酔わいせつ【酔っ払った女を犯すタクシー運転手】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日は「深夜タクシー泥酔わいせつ」をお伝えしていきます。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽    ▽    ▽
2l

深夜タクシー泥酔わいせつ ネタバレ

 

 

指示通りにこちらに尻を向けている彼女に、「ほらっ早く言ってくださいよぉ」

 

「ち、ち○ぽくださ…」

 

 

言い終わらないうちに、念願の女子大生のマ○コにさっきまで口に入っていたギンギンにいきり立ったち○ぽをねじ込みました。

 

 

 

すごい締め付け…これは風俗嬢では味わえません。

 

 

 

精力の衰えてきた私ですが、今は痛いくらいにち○ぽが膨張しています。

 

 

 

上流階級マ○コが、私の下流ち○ぽでズボズボ突きまくられて、どんどん卑猥な汁が絡みついてきます。

 

 

 

私は夢中で腰を振りました。

 

 

 

彼女も私のち○ぽで気持ちよがっていました。

 

 

 

何度も何度も突かれ、彼女は体を大きく揺らしながらイキ、私も思わず中に○精してしまいました。

 

 

 

○精したばかりにも関わらず、私はまたぺ○スを硬直させていました。

 

 

 

崩れ落ちる彼女を抱え上げ、私は生殖行為を継続しました。

 

 

 

わざと彼女を罵るように責め続けると、それに反応して彼女のマ○コはぎゅうぎゅうに締め付けてきます。

 

 

「出すぞっ…また出るっ」同時に彼女もピクピクと体を揺らして、再び中に出された私の精子を一滴残らず、吸い尽くすように締まって、

 

たまらなく気持ちよくて、まだまだヤレる…私はそう思いました。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
2l

 

 

 

コメントを残す




5 − = 二