深夜タクシー泥酔わいせつ 無料ドロップ【タクシーで女子大生をレ◯プ】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
深夜タクシー泥酔わいせつ~新歓帰りの女子大生かすみの場合~

 

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日は深夜タクシー泥酔わいせつという漫画のネタバレと無料情報をお届けします。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
2l

電子コミックサイト内で「深夜タクシー」を検索!

 

 

深夜タクシー泥酔わいせつ ネタバレ

 

彼女は苦しそうに、大量の嘔吐を繰り返していました。

 

 

四つん這いになった彼女のマ○コや肛門は丸出しで、私は苦しむ彼女を介抱するフリをして背後にまわりました。

 

 

 

「だ、大丈夫ですか?…すごい顔色が悪いようですが」

 

「あっ…うっ…すみません」

 

 

先ほどの私がした性的行為を責める様子はありません。

 

 

私は安堵に胸をなでおろすとともに、ふつふつと欲望が湧き上がってきます。

 

 

私のぺ○スはまだ熱く、硬直しています。

 

 

彼女の胸に手を伸ばし、

「お客さん、胸が苦しそうですので、こうすると楽になるんですよ」と言うと、

 

顔を赤くした彼女は「もう…大丈夫…ですから」と抵抗しながらも体はまったく動きません。

 

 

 

身動きがとれないのをいいことに、味をしめた私は、

 

「あれぇ〜どうしましたお客さん。下の口も苦しそうですが…ヒクヒク動いてなにやら濡れてますよ?お客さ〜ん、コレ全部吐いちゃった方がいいと思いますよ?」

 

 

と指を入れると、さっきよりも濡れていて、指先をぐいぐいと締め付け、プシュッ、ビチャッという音の後に、体をピクピクと揺らして彼女はお漏らしをしました。

 

 

 

そして私は彼女の後頭部を掴み、イキリ立つぺ○スを口元にあてがいます。

 

 

 

彼女の口が力なく半開きになっていき、奥までねじ込むと、苦しみで悶える彼女の表情がさらに私の欲望を刺激します。

 

 

 

喉奥が危機を感じ、反射的にぺ○スを吐き出そうとします。

 

 

 

涙と唾液と胃液と吐しゃ物…さらに紅潮していく彼女の表情が私をさらに鬼畜へと導いていきます。

 

 

 

「あれぇ〜?お客さん、胃の中にまだモノが残ってますねぇ。全部吐いちゃった方がいいみたいですよ。ほら、もう一回口を大きく開けて…」

 

 

再度、喉奥めがけて押し込みます。

 

 

お嬢様女子大生の苦しむ顔がもっと見たい、

 

そう思った私は彼女の屈服した様を見下ろし、これまでの罪悪感や後ろめたさは消え去っていました。

 

 

 

真っ赤だった彼女の顔が徐々に青ざめていきます。

 

 

「それにしてもみっともないですね〜お客さん。

 

鼻水まで垂らして、せっかくのルックスが台無しになって…」

 

 

そして私はゆっくりと彼女の口からぺ○スを引き抜き、木に手をつかせ、こちらに尻を向ける姿をニヤけながら見ていました。

 

 

 

この続きは本編で読んでみてください。
かなりエロいです!

そしてかなりの鬼畜漫画です(笑)

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!
2l

電子コミックサイト内で「深夜タクシー」を検索!

 

 

 

 

 

コメントを残す




× 六 = 42