童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり【ギャルと中出しセックス】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

 

今日は「童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり!?~今からラブホで初エッチ…シよ?」というタイトルのエロ漫画のレビューをおこなっていきます。

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
505_6

かなりエロい漫画でした!!

 

 

 

童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり ネタバレ

 

女の子とHしたことはおろか、手も繋いだことすらない佐藤ダイキは、清楚な初彼女とラブラブな初Hをするのが理想でした。

 

 

 

でもなぜか、誰とでも簡単にヤリそうな黒ギャルと初Hをするはめになってしまうのです。

 

 

 
ダイキは、友人カズヤの頼みを断れず合コンに行くことになり、

 

会場の居酒屋に着くと隣に黒ギャル(アヤカ)が座っていて、ダイキに色々と質問をしたりとにかく何かと構ってくるのです。

 

 

 

コミュ障のダイキからしたらこんなリア充の集まりは苦痛でしかなく、おまけに苦手なギャルにばかり話かけられて、もう帰りたいと思っていました。

 

 

 

するとカズヤが

「アヤカちゃんといい感じじゃん。こりゃ童貞卒業も秒読みだな!お前がアヤカちゃん誘えば簡単にヤラせてくれそうだし、おもちかえりしちゃえよー!」

 

とダイキをそそのかしました。

 

 

そして半ば意地となったダイキはアヤカをホテルに誘ったのです。

 

 

505_7

 

 

 

ラブホテルにはしゃぐアヤカでしたが、ふとダイキを見ると、ダイキの股間が大きくなっているのに気づきました。

 

 

「女の子とこんなとこ来るの初めてなんだからしょうがないだろ」

 

ダイキがそう言うと、アヤカも「・・・一緒だね」と言い、ダイキが話し出す前に口を塞ぎました。

 

 

 

女の子との初めてのキス、初めてのディープキス、

「女の子の唇って、すげーやわらかい」

と翻弄されるダイキ、

 

アヤカの「えへへ、キスしちゃった」と言う可愛い一言に、ダイキの理性はふっ飛び、アヤカをベッドに押し倒します。

 

 

「ダイキくん、いいよ。だってもう、こんなになっちゃってるし」そう言いながらダイキのモノを服の上から触るアヤカ。

 

 

505_8

 

緊張しているダイキをよそに、余裕のアヤカが気にくわないダイキは、

 

服とブラジャーを引っ張りアヤカの胸をぽろんと出して、

 

乳首をレロレロと舐めたり、吸い付いたり、甘噛みをしてみると、

 

「いっ!」アヤカが痛がったので、

 

 

「ごめん!痛かった?」と聞くダイキ、

 

すると「ダイキくんに触られて、えっちな気分になっちゃって」と

可愛くアヤカが言われて、勘違いしそうになるのですが、

 

アヤカのアソコを指でなぞると、

 

キスと愛撫だけでそこは糸を引いて、

びしょびしょに濡れていたのです。

 

 

 

童貞の俺が黒ギャルをおもちかえりはとてもエロい内容でドキドキするストーリーです。

 

 

童貞の俺が黒ギャルをおもちかえりは非常にお勧めできる漫画なので是非読んでみてください。

 

 

 

無料試し読みも出来ますよ♪

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
505_17

 

 

 

 

 

コメントを残す




× 9 = 六十 三