童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり【ギャルのマンコがユルすぎるので中出ししました】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

大人気漫画「童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり」のネタバレをしていきます。

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリトリスクリック!
505_3

 

 

 

 

 

 

 

お腹がすいたアヤカはソフトクリームを買いに行きました。

 

 

 

するとカズヤが現れて、

「うまくやってるみたいじゃん!あ〜ぁ、賭けは俺の負けか。

 

やっぱり簡単にヤラせてくれるんだな、黒ギャルって。

 

可愛くてすぐヤレるなんて最高じゃん!今度俺も混ぜてくれよなー!」

 

と言いました。

 

505_8

 

その時タイミング悪く戻ってきたアヤカも聞いていたのです。

 

 

持っていたソフトクリームをダイキに投げて、

 

「ダイキくんのばか!」そう言ったアヤカの目には涙が。

 

 

 

そのまま走っていってしまったアヤカを追いかけると、足が遅いアヤカはすぐに捕まってしまいました。

 

 

ぼろぼろと泣いているアヤカに、

ちゃんと自分の気持ちを言わなきゃ!

 

 

 

と思ったダイキは勘違いしていたこと、

でも一緒に過ごすうちに違うことに気づいたことを話し、

 

「改めて、俺から言わせて。俺と付き合ってください!」

 

 

そうアヤカに伝えると、泣いていたアヤカが振り返り、

 

「ダイキくん、だいすき!」とダイキに抱きつきました。

 

 

 

 

そして2人はなぜかまたラブホテルに。

 

 

 

「今度はちゃんと、ダイキくんの彼女としてえっちしてくれる?」

 

 

アヤカがそう言うと、ダイキはアヤカを押し倒します。

 

 

すると「電気消して?」とアヤカが恥ずかしそうに言いました。

 

505_6

 

「外でもしたのに今更?」

 

 

ダイキがそう聞くと、

 

「化粧、落ちちゃったから恥ずかしいの」と、

そんなアヤカが可愛くて、ダイキは電気を消してあげませんでした。

 

 

 

そして、ダイキはアヤカに騎乗位で入れてもらうお願いをしました。

 

 

まだ慣れないアヤカは一生懸命ダイキのモノを自分に入れました。

 

 

全部入ると、動き出しますが、奥まで当たって気持ち良すぎて動けないと言うのです。

 

 

 

こんな締め付けられて、生殺し状態のダイキは自分で腰を動かし始めました。

 

505_8

 

気持ちよくていつの間にか正常位になっていて、

「ダイキくん、だいすきだよ」このアヤカの一言で、

 

 

 

ダイキも我慢ができなくなり、

 

「俺も、好きだ!ごめん、我慢できない。大好きだよ!」

と言いながらズンズンと奥まで突いて、アヤカの中でイキました。

 

 

 

そしてダイキはニコニコ笑うアヤカを見ながら

 

「童貞だった俺に教えてあげたい。こんな可愛い彼女ができたってこと!」

と思うのでした。

 

 

 

 

この続きは是非本編で読んでみてください♪

 

 

エロさもさることながら、ストーリーとしても楽しめる漫画です。

 

かなりオススメの漫画です。
まずは無料で読んでみてくださいね!

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリクリクリック!
505_7

 

 

 

コメントを残す




2 × 一 =