童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり 無料ドロップ【口内射精の精子をゴックン!】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今回は「童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり」というエロ漫画のネタバレを書いていきます。

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
クリック!!
505_3

童貞の俺が黒ギャルをおもちかえり ネタバレ

 

前回のあらすじはこちら

 

 

 

505_8

 

 

 

 

アヤカはダイキのズボンのファスナーを下ろすと、大きくビンビンに硬くなったモノがぼろんと出てきました。

 

 

 

パクッとダイキのモノを咥えると、じゅるじゅるといやらしい音を立てています。

 

 

「フェラってこんなに気持ちいいのか」初めてフェラを経験したダイキはもうすぐにイキそうで、アヤカに止めるように言います。

 

 

 

ですが、アヤカは「だぁーめ!」と言ってパイズリを始めたのです。

 

 

胸で挟みしごきながら、先っぽをチロチロと舐めていると、ダイキの我慢はもう限界。

 

 

アヤカの口の中に出してしまいました。

 

 

出された精子をゴクッゴクッと飲み干したアヤカはトロンとした顔をして「ごちそうさまでした」とまた可愛く言いました。

 

 

 

505_7

 

 

 

このままでは終われないダイキはアヤカのアソコに自分のモノを入れました。

 

 

 

全部入った頃には、血のようなものが見えて、「アヤカちゃん?初めてだったの?」と聞きました。

 

 

 

初めては好きな人にあげると決めていたと言うアヤカにドキッとすると、ダイキのモノがぐんぐん大きくなり、もう止められなくなっていました。

 

 

505_8

 

 

アヤカの愛液のぐちゅぐちゅといういやらしい音と本能のままに腰を振るパンパンという大きな音が部屋中に響きました。

 

 

 

さっきまで処女だったアヤカの中はキツくて、ダイキはすぐにイッてしまいました。

 

 

 

そして翌日、帰るつもりだったダイキだが、「暇ならデートしよ」とアヤカに誘われ、海に来てしまいました。

 

 

ダイキを待たせていたアヤカは「おまたせー」と水着で現れたのです。

 

 

 

「好きな人と、ダイキくんと海に来たかった」と言われ、

ダイキは「2人っきりになれるとこに行こう」とアヤカを連れ出しました。

 

 

 

2人はいやらしいキスをしています。

505_6

 

 

 

 

人気の少ない所とはいえ、外でいつ誰が通るかもわからない状況でドキドキしながらするキスは2人を興奮させます。

 

 

 

遠慮がちに触るダイキに我慢できなくなったアヤカは水着の紐をほどき、「ちゃんと触って!」とダイキの手を自分のアソコに持って行きました。

 

 

 

アヤカのソコはもうびしょびしょで、ダイキも我慢できずにアヤカを押し倒します。

 

 

 

「実はデートの最初から昨日のえっちのことを考えてたんだ」と言うアヤカにまたドキドキさせられたダイキは「もう挿れてもいい?」そう聞くとぐちょぐちょに濡れたソコにねじ込みました。

 

 

 

いやらしい音を立てながら何度もアヤカの奥を突くダイキ。

 

 

昨日の痛さが消え、気持ち良さを知ったアヤカ。

 

 

 

外でしていたのも忘れ、2人は一緒にイキました。

 

 

 

 

童貞の俺が黒ギャルをおもちかえりは
かなりエロい漫画です。

 

大満足できるストーリーなので是非読んでみてください。

 

 

無料試し読みできるのでまずは無料で読んでみてくださいね。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】
↓    ↓    ↓
クリック!!
505_17

 

 

 

 

 

コメントを残す




2 × 八 =