誰もオレが判らないならエッチ【JKにパイズリと中出ししてしまいました】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今回は誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ!?

というびっくりするほどタイトルが長いエロ漫画をレビューしていきます。

 

この漫画は存在に気づかれないのでエロいことしちゃったという
若干アホらしいストーリー設定になっています。

 

面白いエロ漫画でした!

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

680_14

 

「誰も俺に気づかない…」

 

 

ある日存在が認識されなくなって絶望する中、オレは名案を思いつく。それは女子高に潜入してピチピチのJKに膣内射精をすることだった。

 

 

最初のターゲットとなったのが、更衣室で着替えるJK。

 

 

男子が秘密の花園に踏み入れたというのに、存在が認識されないことで無邪気に会話を続けるんです。

 

そんな中でオレが目に付けたのは巨乳JKで、挨拶代わりにおっぱいを正面から揉み始めます。

 

【無料サンプルはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

680_12

 

 

 

 

その豊満なバストを鷲掴みにする瞬間から、JKの恵まれた体に興奮しますし、何よりこの後起こる事態にも疼きを止められません。

 

 

さっそくパイズリを始めますが、運動した後のJKともあって肌はまだ汗ばんでおり、パイズリがヒートアップする一方。

 

その光景は、あたかも生オナホです。

680_11

興奮しながらパイズリを続けますが、若くてハリのあるJKのおっぱいでのパイズリだからか、乳圧がすごく吸い付くような感触にいよいよ絶頂へ。

 

 

勢い良く顔射し、顔だけでなく髪にも精液がかかってしまいます。

 

 

最後に残った分を口で吸い出してもらってフィニッシュ。巨乳JKはベトベトの状態でこの後の授業を受けることとなります。

 

その光景をイメージするだけでも、余韻として興奮が残り続けるでしょう。

 

 

パイズリが止まらない様子はリアルで、弾力があって吸い付くという描写が読み手の興奮を掻き立てます。

 

部分的にアップする場面など、動きがあってオレの気持ちに同調しながらオナニーも捗ることでしょう。

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

680_13

 

 

 

コメントを残す




九 − 6 =