黒ギャルと密着プールSEX2話【プールの中で立ちバック中出し】

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
こんちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今回は黒ギャルと密着プールSEX2話のネタバレと感想を書いていきます。

 

前回は黒木ちゃんという黒ギャルヤンキー女子にプールの中でフ◯ラされてしまうというなんとも素晴らしい展開を迎えました。

 

 

前回のあらすじ

→黒ギャルと密着プールSEX1話【プールの中でフ◯ラチオ】

今回はプールの中で立ちバック中出しです♪

 

ピンク色の乳首

黒ギャルヤンキー女子の黒木とプールの中でエロいことをし始めた翔平。

 

こんなヤンキー女子だから乳首も黒いんかな〜?と思うと
意外にもピンク色の綺麗な乳首しています。

このギャップもそそります///

 

さすがにヤンキー女子だけあってどんどん攻めてきます。

 

翔平のちんこを咥え激しくバキュームフ◯ラします。

初めてのフ◯ラに翔平は悶絶!
速攻でイッてしまうのです!

 

黒木はこう言います。

「口の中で出していいよ。」

 

その甘〜いお言葉に甘え、翔平は口の中でフィニッシュします。

 

やっぱ口出しフィニッシュ&ごっくんは良いですね。

 

しかもごっくんというのはなかなかしてくれものではありません。

 

自分の精子をごっくんされただけで、もう死んでもいい。

そう思ってしまうペロンスポンポンペロスです。

 

プールの中で立ちバック中出し

絶倫翔平は口出しフィニッシュをしてもまだフルボッキ中。

 

見るに見かねた黒木は、

「も〜う。まだ立っているんだから〜❤︎

入れたい?

入れよっか❤︎

 

ねぇ。プールの中で入れて❤︎」

 

というのです!

 

こんな素晴らしい女なかなかいないっすね!

 

ヤンキーだからこそ行くところまで行ける。
肝の据わった女であることは間違いありません!

 

ヤンキー女ほどデキる女なんですね!

 

 

 

そのまま黒木と翔平はプールの中で立ちバックの状態で挿入します。

 

 

冷たいプールの中で
黒木のナカだけは温かい///

 

夢のような世界が広がっています!

 

 

 

そして次第に二人は体も心も絶頂を迎えようとするのです!

 

 

「翔平〜❤︎
きもちいい!

気持ちいいよ〜!

イクイクイクぅ〜❤︎」

 

 

「黒木!

俺もイキそう!

ああぁ〜!イクぅ〜!!!」

 

 

「中に出していいよ。

いっぱい中に出してぇ〜!」

 

 

そして翔平は立ちバックで
おもいっきり子宮奥深くで中出しするのでした。

 

 

どびゅどびゅっ!

 

 

 

これで妊娠確定。
妊娠適齢期の黒木のナカで、
しかも子宮に到達するくらい奥まで突っ込んで中出ししました。

 

 

ま◯こからはとろ〜っと精◯が出てきます。

 

 

 

 

このシーンは見ものですよ!

是非黒ギャルと密着プールSEX2話を読んでみてくださいね♪

 

 

1話は無料試し読みすることがデキます♪

 

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!!

 

 

 

 

 

コメントを残す




+ 3 = 四