High交!~三人のスケベな女生徒と中年教師 ネタバレ 無料

僕が書いています!

nigaoemaker
訪問ありがとうございます!
サイト運営者のペロンスポンポンペロスです!
漫画の素晴らしさをお伝えします!
High交!~三人のスケベな女生徒と中年教師~

 

こんにちは。
管理人のペロンスポンポンペロスです。

 

今日はHigh交!についてのネタバレです!

 

 

 

 

 

High交!~三人のスケベな女生徒と中年教師 ネタバレ

 

ワイシャツとブラの上から早瀬の控えめなおっぱいの感触が俺の左手に伝わってきました。

 

 

「私の胸のドキドキ聞こえますか?こう見えても結構緊張してるんですよ?」

 

 

早瀬の言うとおり、手のひらに胸の高鳴りが伝わる気がしました。

 

 

 

「先生の右手がお留守だから右手はこちらをお願いします。」

 

 

そう言うと、早瀬は俺の右手を握り、自分の股間へと誘導しました。

 

 

 

くちゅっと生暖かい感触が俺の指先に広がります。

 

 

 

緊張していると言っていたが、早瀬の股間はヌメヌメと大量の蜜を分泌していました。

 

 

俺は指を上下させ、秘唇をなぞり、ゆっくりと指先を奥へと進ませます。

 

 

 

「あは、先生の指が入ってきてる」

 

 

ぬちゅぬちゅといやらしい音が響き、膣内に入った指をチ○ポに見立て、俺はさらに高速で上下させました。

 

 

上下させる指に合わせ、グチュグチュと愛液が音を立てます。

 

 

 

「あん、気持ちいい、はん、先生の指、本当のオチ○ポみたい。

私、イッちゃいます、イッちゃいますぅぅ!!」

 

 

そう言うと早瀬は大きく体を震わせ、びくん!びくん!とイキました。
「あ、あのぉ、できればおっぱいも直で揉んでもらってもいいですか?」と言いながらワイシャツをはだけさせ、ブラを外しました。

 

 

 

今イッたばかりだと言うのに、低身長の女は性欲が強いというのは本当なんだな、と思いながら早瀬の乳首をくにくにと摘むと、「ひぅ!」と声を出し、どんどん息は荒くなり、よだれも垂らしていました。

 

 

「はぁ、先生、私、先生のおチ○チン欲しい、はぁ」そう言われて、俺はズボンとパンツを脱ぐと、小さい早瀬を持ち上げます。

 

 

早瀬のマ○コはドロドロに濡れていた為、あっという間にチ○ポの先端を飲み込みました。

 

 

 

にゃああああ、先生のおち○ちんが私の中に入ってきてる!

 

あん、コリコリ擦れてます。

 

やっぱり指よりおち○ちんの方が気持ちいいですね!

 

はぁ、それにしてもこんな風に勉強したらアノ子の成績が伸びるのは納得です。

 

はぁ、私にもぜひぜひ個別指導してください。はぁ

 

 

 

 

 

「そんなことお安い御用だ!」

 

とグチュグチュと音を立てながらそんな会話をしていると、なんと莉子が来てしまったのです。

 

 

「はぁ?あんたたち、何してんの?!」

 

 

 

そう言う莉子に「ち、違うんだ、莉子!こ、これは誤解なんだ!」

 

 

 

と言うとすぐに早瀬が

 

 

「うふふ。先生は今日から私の担当になったんだからあなたは一人でマルバツでもやってなさいな!」と煽ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちら

 

 

 

 

コメントを残す




− 一 = 2